ホクロ除去をレーザー治療でするメリットとデメリット

ホクロ除去をレーザー治療でする場合にはメリットとデメリットがあります。基本的にはメリットのほうが大きいでしょう。なぜなら今まで悩んでいたホクロの除去ができるのですからね。しかし前もってメリット、デメリットを知っておくことが大事です。
ホクロ除去のためにレーザー治療を選んだ場合のメリットは、何よりも早く済むことにあります。施術時間自体は数分で終わる場合もあります。ホクロの数が多ければ、少しは時間がかかるでしょうが、あっという間に施術は終了します。
ホクロ除去にレーザー治療を選んだ場合のメリットは、入院などの必要がなく、痛みもほとんどないことです。レーザー治療は短時間で終わり、翌日には仕事や学校に行けます。それに麻酔は使用しますが、痛みも出血などもないようです。またテープで保護しておけば、入浴も翌日からなら可能です。
ホクロ除去にレーザー治療を選んだ場合のメリットは、傷跡が残りにくいこともあります。レーザー治療ですので、ピンポイントにホクロにレーザーを照射します。そのためホクロ以外の部分を傷つけることはありません。
ホクロ除去にレーザー治療を選んだ場合のデメリットは、やはりアフターケアが大変なことでしょう。ホクロ除去の後には消毒と保護テープをある程度の期間やり続ける必要があります。また場合によっては、塗り薬や飲み薬が出ることもあります。
ホクロ除去後のアフターケアの期間は、ホクロ除去後1ヶ月は毎日消毒と保護テープの使用は必要となります。それから数ヶ月、最悪の場合は半年ぐらいは、ホクロ除去後の患部に紫外線を当てないようにします。
ホクロ除去後に、このようなアフターケアが必要になるのは理由があります。それはホクロ除去後の患部がきれいになるために必要だからです。ここをサボると傷跡が目だってきてしまうかもしれませし、紫外線保護をしないとホクロがまた出てくるかもしれません。

トップ > ホクロ除去の治療 > ホクロ除去をレーザー治療でするメリットとデメリット

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。